WAMNETロゴ
ニュース
【徳島県】

高齢者のネット予約を「お助け」 ワクチン接種、那賀町の住民グループ

徳島新聞 2021年6月4日(金)
高齢者のネット予約を「お助け」 ワクチン接種、那賀町の住民グループ

スマホを使ってネット予約を手伝う隊員(左)=那賀町延野の湯城さん宅

 高齢者の新型コロナウイルスワクチン接種のインターネット予約を地元住民が手助けする活動が那賀町で始まった。ネットは電話より予約しやすいものの、機器の操作を苦手に感じる高齢者が多い。接種をスムーズに進める取り組みとして注目されそうだ。

 活動を始めたのは那賀町延野で地域の困り事解消に取り組む住民グループ「延野おたすけ隊」。町では高齢者を対象にした接種の予約受け付けが始まった4月26日以降、電話での申し込みが集中し、つながらない状態が続いた。そのため、おたすけ隊の有志が無償で高齢者の予約を支援することにした。

 地元の医院で第2回の予約が始まった5月19日、1人暮らしの湯城八重子さん(97)宅では、隊員が前もって接種券番号などの情報をスマートフォンに入力した状態で待機した。予約開始直後の午前9時に接種できる日をチェック。「通院に合わせると、この週が都合いいですね。2回目の日は自動で決まるので安心してください」などと説明し、数分で予約を済ませた。

 湯城さんは「電話は混んでいると聞き、予約を諦めていたので大変ありがたい。一人ではネット予約はできなかった」と喜んだ。

 おたすけ隊は25日までに17人の手続きをした。現在、町のネット予約は終了し、7月12日まで電話予約のみ受け付けている。おたすけ隊は今後、ネット予約が再開すれば再びサポート活動を行う。

 隊員の谷澤勇さん(31)=同町朝生、広告代理店経営=は「ネット予約は入力情報が多く接種できる日が分かりにくいため、高齢者には少し難しい作業ではないかと感じた。安心して外出できるようになりたいと思っている人は多いはずなので、手助けしていきたい」と話した。

表示モード:

  1. スマートフォン
  2. PCサイトはこちら