WAMNETロゴ
ニュース
【栃木県】

困りごと、最初の受け皿に 栃木・高根町社協、支えあいセンター開所

下野新聞 2021年10月15日(金)
困りごと、最初の受け皿に 栃木・高根町社協、支えあいセンター開所

オープンした地域支えあいセンター

 【高根沢】制度や分野を超えて支え合う地域共生社会を目指そうと、町社会福祉協議会は、「町地域支えあいセンター」を石末の福祉センター内にオープンした。住民個別の案件から地域の困りごと相談まで「最初の受け皿」としての役割を担う。
 地域支えあいセンターは、「総合相談」「志民活動」「ボランティア」の3機能を備える。
 総合相談は、「高齢者宅での子どもの引きこもり」といった複合的な課題を受け付けて整理し、行政や専門機関などにつなげて支援する。従来の担当部署制による相談を一括対応とすることで、相談者の負担も軽減する。
 「志を持つ住民」の意味を含む志民活動は、サークルやNPOなどの立ち上げ支援をはじめ、活動者の紹介などを行う。
 ボランティアは、希望者やスキルアップに向けた講習会を実施するほか、需要と供給に応じてマッチングを行う。
 開所となったこの日は、広さ34平方メートルの事務所で、4人の専属スタッフにアドバイザー1人が加わり早速対応を始めた。
 矢口雅章(やぐちまさのり)センター長は「町民の困りごとを解決していくための交通整理役として機能したい」と説明。障害者相談支援のアドバイザー笹崎明久(ささざきあきひさ)さんは「相談者による電話や来所に加え、こちらから訪問することも含めて対応したい」と話す。

表示モード:

  1. スマートフォン
  2. PCサイトはこちら